読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルニア

ヘルニアの世界へようこそ

 

まずは知っているようで意外と知らない「ヘルニアってなんだろう?」ということを考えてみましょう。ヘルニアと単純に言うと、腰が痛む腰椎椎間板(ようつい-ついかんばん)ヘルニアをイメージするかと思います。でも俗に言う脱腸(だっちょう)の正式名称は鼠径(そけい)ヘルニアと言ってヘルニアの仲間ですし、でべそも臍(さい)ヘルニアと呼ばれています

 

ヘルニアとは、ラテン語で脱出を意味します。つまり、ヘルニアとは何らかの原因で周りの組織の圧迫に耐えられなくなった臓器が、組織の柔らかいところからはみ出してしまう状態のことです

たとえば鼠径ヘルニアの場合、腸が腹筋の圧力(おなかに力を入れた)に耐えかねて、鼠径部(足の付け根部分)の薄い膜を突き破って脱出してしまった状態を鼠径ヘルニアと呼ぶという具合ですね。こうして「臓器が本来あるべき場所から逸脱した症状」をまとめてヘルニアになるのです。

 

単にヘルニアと呼ぶと、どこにできたヘルニアなのかわからないため、足の付け根(鼠径)に出来たヘルニアなら鼠径ヘルニア、背骨の椎間板に出来れば椎間板ヘルニアというように、普通は部位+ヘルニアという呼び方をしているのです。